プレイマット 楽天

通販サイト楽天で赤ちゃん用プレイマットを購入するポイントとは?

赤ちゃんがいる家庭であれば、プレイマットを購入しようと考えている方も多いのではないでしょうか。最近では、通販サイト楽天でもお手軽にプレイマットを購入する事ができます。ここでは、楽天でプレイマットを購入する際に役立つ、プレイマットの購入ポイントをお届けします。

赤ちゃん用プレイマットの基礎知識

プレイマットとは?

赤ちゃんが寝る場所と言うのは、ベビーベッド以外にも部屋のリビングだったり、出先の飲食店だったり、色々と寝かせておくシーンはありますよね。赤ちゃんもコロコロと寝返りをしたり、座っていてもコロンと体勢が転がってしまったりする事もあります。そうした場合、 床の上頭や体をぶつけて怪我をしてしまう恐れがあります。そんな時に役に立つのがプレイマットです。床に広げてその上で赤ちゃんを寝かせる事ができるマットになっています。

傷、汚れ、怪我の防止対策になる
赤ちゃんのためのプレイマット

基本的に産まれたばかりの赤ちゃんは寝ているだけなので、自ら動き回る事はありません。しかし、赤ちゃんも成長していくと次第に寝返りを打ったり、お座りができるようになったり、身体機能は大きく成長していきます。赤ちゃんも自分の発育と共に、慣れない体の動きで転んでしまう事があったり、倒れてしまう事があったり、想定外の怪我に繋がる事も多い時期です。そんな時に床にプレイマットを敷いておく事で、マットのクッション性が活かされるので、赤ちゃんを安全な環境で見る事ができるので怪我防止にも繋がります。また、怪我防止はもちろんですが、赤ちゃんが遊ぶ事でできてしまう床の傷や汚れ等の防止にも役立ちます。

赤ちゃんの居場所を確保する
生活する中で常に赤ちゃんを寝室で寝かせておくと言う状況は無いですよね。リビングでゆっくり過ごす事もあったり、出先で親の側に寝かせておいたり、大人と同様に色々な場所で赤ちゃんも過ごします。しかし、何も敷いていない堅い床の上で、そのまま赤ちゃんを寝かせておく事はできません。そんな時にプレイマットがあれば、赤ちゃんは快適にプレイマットの上でお昼寝したり、赤ちゃんの遊び場になったり、赤ちゃんの為の居場所を確保する事ができます。赤ちゃんの遊び場として活用した場合には、おもちゃを投げる、何か音を立てる事があっても、音を吸収してくれる効果もあるので、集合住宅で生活している人にもお勧めです。

プレイマットを活用するメリットとは?

プレイマットのメリット赤ちゃんの五感を刺激する
月齢が大きくなるにつれて赤ちゃんも、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚の五感が大きく発達していきます。赤ちゃんはプレイマットの絵を見たり、付属パーツがマットに付いている場合にはパーツの触り心地を試したり、様々な事に興味・関心を示していきます。こうして色々物に刺激を受けながら知ったり覚えたりしていくのです。
プレイマットのメリット赤ちゃんの運動機能を高めるツールになる

プレイマットの上では、赤ちゃんは自由に自分の好きなように過ごす事ができます。おもちゃを握ったり触ったりして遊ぶ事もできるので、赤ちゃんの運動機能を促す事にも繋がり、筋肉の発達を高める事もできます。寝返りからハイハイを経て歩けるようになるまで、一連運動機能の成長を促していく為にも、日々の赤ちゃんの運動はとても大切になります。赤ちゃんの運動機能を促す事で同時に脳の活性化にもなると言われています。

プレイマット
プレイマットのメリットベビーサークルの代わりとして使用する事ができる
プレイマットにも幾つも種類があるのですが、ベビーサークルになるタイプの物もある為、ベビーサークルの代用として使用する事も可能となっています。また、赤ちゃん用プレイマットは素材が柔らかい物が多いので、携帯で持ち運ぶにも便利で安心して使用する事ができます。
プレイマットのメリット階下への防音効果になる
赤ちゃん用プレイマット

集合住宅や二世帯住宅で暮らしている場合、「階下に音や振動が響いて気になる…」と言う家庭も少なくありません。プレイマットと言うのは、音や衝撃を吸収する素材のマットがあったり、そうで無くてもマットを床に敷くだけで防音対策に繋がったり、プレイマットで防音効果を期待する事ができます。

プレイマットの対象年齢とは?

いつから使用できるのか…

プレイマット使用対象年齢ですが、大体0ヶ月~使用できる物が殆どです。なので、赤ちゃんが生まれてくるタイミングで、赤ちゃんの為にプレイマットを準備しておくのがお勧めです。事前に準備しておけば、赤ちゃんが生まれて直ぐに、赤ちゃんのスペースを確保する際に役立てる事ができます。本格的に赤ちゃんが動き回るようになる時期と言うのは、寝返りができるようになる3〜4ヶ月頃です。赤ちゃんの怪我を防止する意味も込めて、生後3~4ヶ月頃までにはプレイマットを用意しておくと良いでしょう。

いつまで使用可能なのか…

プレイマットの使用期間には、特にこれと言った明確な年齢制限、使用制限はありません。なので、プレイマットが必要としている期間と言うのは、各家庭によっても差があるものになります。しかし、プレイマットは日々の生活で毎日使用する物になるので、買い替え用をストックしておくのがお勧めです。

赤ちゃん用プレイマットを選ぶ際のポイント

プレイマットの手入れがしやすい物
プレイマットは基本的に赤ちゃんの頃から使用するマットです。刺激に敏感な赤ちゃんが使用する物なので、なるべくマットを常に清潔な状態に保っておきたいものです。例えば、赤ちゃんはミルクを吐き戻してしまったり、よだれをたらしたり、清潔にしていてもベビーマットは汚れてしまう事が多いです。なので、簡単な掃除や手入れで清潔に保つ事ができるタイプを選ぶのがコツです。
例えば、手軽に洗濯機で洗えるタイプ、さっとプレイマットを水拭きしたい時には、「防水性のある素材」がお勧めになります。なので、家事の負担にならない程度のものを選んでくださいね。防水加工があるのか、洗濯機を使用できるのか、などママが手入れをするうえで簡単なものを選ぶのもおすすめです。
プレイマットの形状を確認する
プレイマットと聞くと一度マットを設置したら、そのまま出しっ放し、敷きっぱなしな状態をイメージする人が多いのではないかと思います。しかし、プレイマットの中には折りたたんで収納できるタイプのマットもあります。折りたたみできるプレイマットであれば、携帯で持ち運びする事も簡単にできたり、プレイマットを敷く必要が無い時には、収納して片付けておいたりする事も可能です。なので、家庭の生活スタイルに合わせた活用ができます。
マットの裏に滑り止めが付いているか
プレイマット

折角プレイマットを敷いて活用しても、ハイハイした時や立ち上がった時に、マットが滑って赤ちゃんが怪我をしてしまう危険性があります。なので、プレイマットの裏にしっかり安全防止の滑り止め加工が施されているタイプの物を選ぶ事がポイントです。

赤ちゃんが好きなデザインを選ぶ
もちろんプレイマットの使い勝手の良さや手入れのしやすさと言った部分は、子育て中のママには大切なポイントですが、赤ちゃんの好きなデザインを選ぶのも最適なマットを選ぶ一つの方法です。デザイン性に優れたオシャレなプレイマットも良いですが、赤ちゃんが好きなキャラクターや色が使用されているマットを選んであげれば、赤ちゃんもマットがお気に入りになって長く使用してくれます。
プレイマットのデザイン

人気のプレイマットの素材とは?

綿は滑らかで摩擦が少なく、夏は熱を発散・冬は保温性に優れ、一年中活躍する素材です。ベビーアイテムにも多くコットン素材は取り入れられており人気がありますが、プレイマットの素材でも綿素材は不動の人気です。では、綿生地のプレイマットの良さを具体的に見ていきましょう。

 吸水性が高く通気性が良い 
綿素材は、優れた吸水性で赤ちゃんの体から出る汗をしっかり吸収してくれます。また、綿の構造と言うのは中空繊維になっており素材の中が空洞になっているので、通気性も良くなっています。なので、ポリエステルやナイロン素材と比較しても風通しが良くマットの上でも快適に過ごす事ができます。夏は綿素材が涼しく、綿素材は保湿性にも優れているので冬は冷え防止や静電気対策にもなります。
 微細な繊維で肌触りが良い 
綿は微細な繊維が特徴なので、肌に触れた時にも滑らかで優しい感触になっています。また、吸水性が高い事で静電気がマットに溜まりにくくなっており、冬場の乾燥した時期でも快適に過ごす事ができる安心感があります。
 低刺激で敏感肌の赤ちゃんでも快適に過ごせる 
綿素材は何と言っても肌に優しい素材が特徴です。なので、刺激に敏感なデリケートな赤ちゃんでも安心してマットの上で寝たり、遊んだりする事ができます。なので、綿素材であれば赤ちゃんもストレスフリーで快適に過ごす事ができる生地になっています。

プレイマット 楽天可愛いプレイマットを楽天でチェック☆